詳しくなろう!電話代行とは?

会社を空けることが多い人は電話代行を利用するとメリットが多い

外出が多く、会社を留守にすることが多い経営者の中には、自分がいない間に大切な電話がかかってきて困ったという経験がある方もいるのではないでしょうか。そのような場合、電話代行を利用すると便利です。電話代行は、個人経営者などに代わって電話の対応をしてくれるサービスです。会社にかかってきた電話は電話代行会社に転送され、オペレーターが対応してくれます。自分の代わりに用件を聞いてくれるので、会社に戻ってから折り返しの電話をかけられ安心です。

また、勧誘の電話なども電話代行を利用することで取る必要がなくなるので、仕事に集中することができます。その他にも、電話に対応する人材が要らないのでコストを減らせたり、電話対応の質が上がるので会社の印象が良くなるというメリットがあります。

電話代行のデメリット

電話代行サービスの利用の仕方次第では、費用がかさむケースがあります。例えば、時間外や土日祝日などは平日よりも料金が割高になるので、契約時にどこまで利用するかをしっかりと検討し、見積もりを出してもらいましょう。また、専任オペレーターは仕事の内容を聞き取り電話対応しますが、想定外の質問などを受けると答えられないということもあります。その場合、対応が悪いという印象を持たれるかもしれないというデメリットがあります。その他に、電話代行は部外者なので、会社の情報が100%漏れないという保障はありません。電話代行の会社にも法令遵守の精神はありますが、予想外の状況で機密情報が外部に漏れる可能性はないとは言いきれないので、人材選びは慎重にする必要があります。